新しい発見

目的地
この目的地には、トリビュートポートフォリオホテルはございません。
すべてのホテル&リゾートを見る
Clear ご滞在日程
変更可能な項目 February - 1
客室数&人数

1 客室数 , 1 大人 , 0 子供

Vibrant guestroom with flamingo wallpaper and subway tile headboard at Apollo Hotel Amsterdam
アポロ ホテル アムステルダム ア トリビュート ポートフォリオ ホテル、オランダ

運河沿いの愛すべきホテル

北のベネチアの愛すべき要素のすべてを表現したスタイリッシュな運河沿いのホテル

デザインにこだわったアムステルダムのホテル

リディア・ガイゼル(LYDIA GEISEL)DOMINO誌との提携

アムステルダムにあるアポロホテルは、トリビュートポートフォリオホテルの一つです。1970年代の繁栄とアールデコの魅力を融合させたデザインで、世界中のデザイン好きに最高の場所です。有名なベルギー人デザイナー、ウィル・エレンス(Will Erens)が1年かけて大幅な改装を手がけた後、アポロホテルはマリオットインターナショナルのトリビュートポートフォリオ ホテルの一員となりました。トリビュートポートフォリオホテルとは、ブティックホテルの特徴と雰囲気をそのままに、おしゃれなホテルのすべての要素を提供するデザイン重視のホテルです。アポロホテルの運河沿いという最高のロケーションと、贅沢な雰囲気は、アムステルダムを一度は訪れてみたい旅行先リストに加えるきっかけになるでしょう

マリオットインターナショナルのプレミアム・セレクトブランド、ヨーロッパ担当副社長のジョン・ライセンス氏は次のように語っています。「独立した雰囲気と自由な精神を特徴とするアムステルダムは、オランダで初のトリビュートポートフォリオホテルをオープンするのに最適な場所です。」

アポロホテルは、アムステルダムでも人気のオールドサウス地区の運河沿いにあり、223の客室があります。さらに伝統的フランス料理を提供する、活気あふれるレストラン、ボドン ラ グランド ブラッスリと、港沿いの広々とした屋外レストランの2つのレストランがあります。1928年のオリンピック向けに建てられた、このアポロホテルは100年間の華麗な歴史と共にあり、時代を感じる質感とアンティーク様式はエレンスと彼のデザインチームにとっては理想的な礎となりました。

「アムステルダムは、芸術的な創造とスタイルの破壊を繰り返してきました。私たちが挑んだのは、アヴァンギャルドなアムステルダムのライフスタイルを心に留めたまま、これまで見たことがないものをデザインすることでした」と Too Many Agenciesの創設にあたって、重要な役割を果たしたエレンスはDomino誌に語っています。

天井を正方形のステンドグラスが覆うバー&ラウンジの座席
アポロ ホテル アムステルダム ア トリビュート ポートフォリオ ホテル、オランダ

さまざまな素材、色、スタイルの組み合わせを特徴とするボドンブラッスリは、どんな体制にもとらわれる事のないアポロホテルの自由を見事に表現しています。ビロードや、くすんだゴールド、鮮やかな色調の数々の備品は、その空間に素敵なアクセントを効かせています。「アムステルダムは自由な都市であり、どの様な風変りなコンビネーションも受け入れられる場所です」とエレンスは説明します。「それはインテリアでも同様です。」

レストランの天井は、ハンドメイドのティファニーガラスで作られたパネルで装飾されており、これが黒白のフロアと見事なコントラストをなしています。また、このレストラン内のダイナミックな空間では、元々フランスにあったブラッスリから取り寄せた装飾品のランプや、原型を保っているパリのパティスリーバー等、至るところに長年にわたるデザインへの敬意を感じることができます。

ラ グランド ブラッスリの近くにある24時間営業のティー・カクテルラウンジ、ザ・リビングルーム、バイ・ボドンでは、エレンスが時計の針を50年前に戻しています。当時、アポロホテルにはオランダで最も風変わりで有名なバーが地下にありました。このバーで使われている素材とインテリアを選択した背景についてデザイナーが説明しています。「キラキラ光るものであふれていた、70年代のちょっぴりキッチュな空間をイメージしました。そこで、私はヤシの木を選び、エナメルとパームスプリングスの融合を考えました。」

この70年代に感化された空間では、大理石で飾られた暖炉、カラフルな家具、優美なシャンデリア、そして南カリフォルニアにインスピレーションを得た装飾を楽しみながら、素晴らしい心地よさを感じる事ができるでしょう。

「常識にとらわれる事なく、機能性を優先させながらも快適性と機能性という、全く反対のスタイルを大胆に融合させてデザインしました」とエレンスは述べています。

同じように大胆なスタイルのゲストルームとスイートは,様々な質感やパターン、一風変わった細部にわたるデザインを通して、ホテルの物語を語り続けます。 豪華なベルベットの装飾やダークカラーの大理石のアクセント、彫刻の施された照明器具(金張りの椰子の木を象った照明器具等)は各部屋がシックなスタイルを醸しる一つの要素となっています。 また、鮮やかな壁紙や有名なヨーロッパ絵画も、部屋に個性的を感じさせます。

ベッドルームでは、インテリアと息を呑む眺望の両方が街の美しさをより一層際立たせるよう設計されています。 部屋によってはプライベートバルコニーが街と運河の眺めを与えてくれ、旅人をスタイリッシュな寝室から外へいざないます。

寝室に直結した専用のバスルームには、深い色合い、施釉タイル、そしてティファニーガラスが備わっており、格別の経験をお約束いたします。

趣のある村を一望できる、たくさんのフラワーアレンジメントを飾ったガラス張りのダイニングテラス
アポロ ホテル アムステルダム ア トリビュート ポートフォリオ ホテル、オランダ

アムステルダムのアウトザイト地区にあるアポロホテル・アムステルダムは、 ゴッホ美術館、アムステルダム国立美術館、フォンデル公園や市内の最も有名なショッピング街からも歩いて行ける距離にあります。アポロはオランダ初のトリビュートポートフォリオホテルであり、運河沿いにあるウォーターフロントホテルとして際立った存在となっています。